秩父銘仙 ~ちちぶめいせん~

秩父銘仙とは、秩父地方で生まれた独特のほぐし模様の織物です。
平織りで裏表がないのが特徴で、表が色あせても裏を使って仕立て直しができる利点があり、女性の間で手軽なおしゃれ着として明治後期から昭和初期にかけて全国的な人気を誇っていました。

これはその頃の秩父銘仙です。大好きな野アザミの柄に一目ぼれしました。古いものですが、時代の良さを感じていただきたいと思っています。