匠に生きる人 豊田豊氏

セラヴィのレストランから見える10枚の素晴しい彫刻・・・。

ひとつひとつ、丁寧に彫られた豊田豊氏の作品。

職人という言葉では言い表せない重みがある。

彫刻家豊田豊氏は、主に神社仏閣の彫刻を手がけている。匠の技の結晶である文化財を元の形に戻す作業は我々が考える以上に繊細な作業が必要とされる。

 

久遠寺、穴八幡神社、靖国神社、川崎大師、さらに川越祭りの山車、横浜中華街の中華店など。

 

仕事の中心である彫るという作業は、生命を刻むことに等しい。今でも最初の一刀は極度に緊張するという。

 

有限会社 豊田彫刻工房

〒369-1216 埼玉県大里郡寄居町富田3650

TEL/FAX 048-581-3650