セラヴィのこだわり

自家製無農薬畑

 

90歳のおばあさんから譲り受けたセラヴィの無農薬畑。

四季折々のお野菜を愛情込めて育てます。
むしさんとお客様で半分づつ戴きます。

大地のパワーを召し上がれ。


水琴窟 ~すいきんくつ~

セラヴィの水琴窟の音を聴きに来てくださいね

水琴窟とは、日本庭園の蹲踞(つくばい)や縁先の手水鉢から溢れ出た水を利用した、日本独自の音響装置です。
伏せた甕(かめ)の底に溜まった水面に落ちた滴(しずく)が、甕の中で共鳴して琴に似た音色を奏でることから「水琴窟」と呼ばれています。
この水琴窟はセラヴィ管理人とスタッフの手作りです。
1m近い甕を掘り込む為に穴を掘る作業も大変でした。

水捌けと、何より甕の底の穴の大きさが重要です。
友人の友人、水琴窟の製作者の力を得てどうにか作り上げることができました。

これが見事に製作から20年たった今でもいい音を奏でております。
その幻想的な音色をお聴きください。


ルームキー

セラヴィのルームキーは漆塗り作家の山本冨士雄さんの作品です。
漆塗りの上に金蒔絵でお部屋のナンバーが入っています。

これが実に優れもので、バードコールとなっています。
バードコールとは、鳥に似た音を出し鳥を呼び寄せる道具です。
野鳥が多いセラヴィでぜひ鳥との会話を楽しんでください。


斧折樺の箸 ~おのおれかんば~

セラヴィでは環境を考え、秩父の樺の木で作ったお箸を

お使いいただいております。

秩父の風光明媚な深山に育つ木は数有れど、

この木の硬さは日本一、

斧が折れるほど堅いことから斧折れの名の由来となっています。

箸は5種類の中より、自分の手に合った太さ長さのものを

お選びいただいております。

使い心地のよさをお試しください。


はしや

秩父市中村町1-3-7 浅見知司

TEL 0494-22-3281


エジソン電球

1879年10月21日にトーマス・アルバ・エジソンが発明した当時の電球を忠実に復元した、ひとつひとつ手作りの電球です。
セラヴィに来て5年、まだ一度も玉が切れることはありません。光は暖かく、シンプルで真面目な電球です。
(これはフロント前の1箇所だけに取り付けてある電球です)


今治タオル ~imabari towel~

今治タオルは四国愛媛県北部の地で、百十余年の歴史を刻みつづけてきました。おろしたてから素早く水分を吸ってくれ、使いやすくお肌にも優しいタオルです。
こちらのフェイスタオルとバスタオルを、各お部屋にご用意しております。

今治タオル〔オフィシャルサイト〕


ブラックシリカ

各お部屋の露天風呂には「神の石」と呼ばれるほどの効力を持つ石「ブラックシリカ」を入れてあります。
マイナスイオンが豊富に放出されるため、入浴すると精神が安定する上、自律神経と呼吸機能を高め、血流を促し、汗や血液をサラサラにし、さらに酸素を全身に行きわたらせることから体の免疫力を高めることになります。
是非セラヴィでお試し下さい。


双眼鏡と野鳥の本 (各お部屋に設置)

セラヴィは2万坪のキャンプ場に位置し、自然に囲まれた野鳥の宝庫です。

 

各部屋にバードウォッチング用の野鳥の本と双眼鏡が置いてあります。


セラヴィのアンティーク家具達

ピアノ製造にも受難の時代がありました。

今から約60年ほど前、戦争によって従業員も散り散りとなり、ピアノを作るための機械も物資を設備も事欠くような状況がおとずれたのです。

そして1948年、多くの困難を克服しカワイはようやくピアノ・オルガンづくりを再開させました。その当時、戦後まもなく生産されたカワイ小型ピアノが、今も尚、丹波の穏やかな自然の中で、美しい音色を奏でています。

今ではすっかり老ピアノとなってしまった、このピアノはなんとまだ現役です。今のピアノには見られない繊細さとピアノ本来の持ち味を備えています。暖かく素朴な音色です

このピアノは「カワイ歴史資料室」にあるものと同型です。


森のコーヒー

朝刊と一緒にお部屋にお届けするコーヒーは「森のコーヒー」です【森のコーヒーとは

無農薬無科学肥料栽培世界でも他に例のないユニークで自然な栽培法。その力が美味しさを生みます。完熟した豆しか使いません。乾燥工程の70%が天日乾燥です。

自然を愛し、おいしいコーヒーづくりの情熱を注ぐひとりの男の物語はこちら ⇒


彩の国地鶏 タマシャモ

自然豊かな秩父からおいしさはもちろん

安心安全に飼育されたながわか農園さんの

タマシャモを使っています。


生産者 ながわか農園


黄身が濃厚、美味しい玉子

セラヴィので料理に使用する玉子は鳥沢養鶏場でとれた、黄身が濃厚で風味がよく体に良い玉子を使っています。

セラヴィの卵料理を是非、ご賞味ください。

鳥沢養鶏所

埼玉県本庄市児玉町保木野321

TEL・FAX 0495-72-2051


のれん染物

吉田昌治氏は京都染色家協会認定「現代の染色家十人」のひとりに選ばれている。

その独特な染め技法は「欧露羅染(おーろら)」と呼ばれる、一度に数色を染め上げる一浴多色染め。

色の境目が重なり合い独特なオーロラのようなぼかし効果が生まれる。意図もせぬ美しい色合いが生み出される一方で同じような染めが出来ない困難な技を、長年の経験と独特な技法で創りだしている。

株式会社 きぬのいえ

埼玉県大里郡寄居町大字寄居1224−5


セラヴィの茶匙(ちゃさじ)

セラヴィの各客室に置いてある茶匙は一つ一つ
古木をくりぬいたツグミ工芸舎の手作りです。

あたたかさが手に伝わります。

 

ツグミ工芸舎

http://www.tugumi-craft.jp/


ビールグラス選べます

①ブーツグラス

むか~し昔、ドイツの兵士たちが戦勝を祝うときに長靴にビールを注いで、まわし飲みをして乾杯しました。ビールが残り少なくなると、つま先にたまった空気のいたずらでビールが顔に跳ね返ることがあります。そのビールを浴びた人は「ラッキーな人」として賛美されたそうです。

 

②素焼きの陶器グラス

なめらかな細かい泡が特徴です

<萠窯> 〒369-1311 秩父郡長瀞町大字岩田69-7 杉本 豊嗣

 

③ノーマルグラス

細身で小さめですが底が厚めで程よい重さになっています。